仮想通貨

仮想通貨の課税ポイントって? 正しい申告のために必要なこと【確定申告】

仮想通貨の課税について
正しい申告に必要なことをまとめていきます。

仮想通貨を売却したとき

 

仮想通貨を売却したとき。
これはわかりやすいし、イメージしやすいと思います。

 

ビットコイン(BTC)を購入したとして
JPY → BTC → JPY
こういうシンプルな流れのときです。

 

この場合は、BTCを買ったときと決済時のBTCの値段を比べて利益が出ていれば課税です。

 

100万円分BTCを購入して 売却するときに、150万円に値上がりしていたら

150ー100=50

この50万円に対して課税されるイメージです。

 

 

仮想通貨で、他の仮想通貨を買ったとき


持っている仮想通貨で、他の仮想通貨を買ったときはどうなるのでしょう?

 

日本においては動かした時点で利確。
2回プラスの場合は、2回とも課税対象になる。

 

例えば、イーサリアム(ETH)を購入して、その購入したETHで、ビットコイン(BTC)を購入。

そのBTCを日本円に戻したとします。

 

流れ的には、こんな感じ。

JPY → ETH →①→ BTC →②→ JPY


この場合、ETHでBTCを買った、①のタイミングでも利益・損失が確定。
(ETHの値動きが、購入時とBTC購入時でどうか)
利益が出ていれば、課税対象。

 

もちろん、BTCから日本円に戻す②でも、利益・損失が確定になります。
(BTCの値動きが、購入時と日本円にもどしたときでどうか)
ここも、利益が出ていれば課税対象です。

 

①と② 両方で利益が出ていたら、2回課税ポイントがあるってことです。

 

JPYに戻すとき(②)だけ、利確で課税対象になるって思っている人
多いのではないでしょうか?

 

仮想通貨を動かすときは、ちゃんとトランザクションもとって、確定申告のときに漏れがないように備えてくださいね。

 

 

仮想通貨で買い物(支払い)したとき

 

BTCなどで、支払い可能なお店もあったりますよね。


仮想通貨で支払ったタイミングで利益・損失が確定。
決済時(支払い)のときのほうが、購入金額より高ければ課税の対象。

 

仮想通貨の値段 レートは、常に動いています。
ですので、同じ日に3回買い物をしたら3回とも、決済時の仮想通貨のレートを控えておくことが必要です。

 

もちろん、仮想通貨を買ったときのレートも必要ですよね。
買い物で使うと、ややこしそうです・・・。

 

私なら、買い物では仮想通貨を使わないか、買い物で使ったら税理士さんにお願いすると思います。

 

 

MyEtherWallet MEWで仮想通貨を受け取りたい あなたのウォレットのアドレスはどこで確認するの?前のページ

100通貨単位の必要証拠金を比べてみる【マネパ連続予約注文】次のページ

関連記事

  1. 仮想通貨

    【仮想通貨】TSK(TASUKI Token・TASUKI coin)まとめ

    日々、新しい仮想通貨が生まれていますよね。今回は、TSK(TASU…

  2. 仮想通貨

    【ビットコイン】BTC 400万円に乗った+コインチェックのTwitterを見て利確を決めました

    ホントに、ホントに少量のビットコインを持っていたのですが・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. MEW-myetherwallet

    MEWでカスタムトークンを追加する TSKトークンを追加してみた
  2. AXIORY

    AXIORY(アキシオリー)リアル口座開設後にレバレッジ変更可能です
  3. MONEX BOOM証券

    HSBC香港→Monex Boom証券への送金方法 Transferによる送金
  4. MONEX BOOM証券

    Monex Boom証券 → HSBC香港 へ出金する方法
  5. ウィークリー集計

    2021.01.04〜の週 自動売買 ウィークリー集計 
PAGE TOP